W.Co おひさま 第5回総会のご報告

「W.Coおひさま第5回総会」が来賓の方々の出席のもと2018年5月20日に「W.Coわっか」事務所で開催されました。当日は昨年度の活動・会計報告が行われ、また新年度の活動方針・予算について審議されそれぞれ了承、可決されました。

昨年度は現在の利用者様への対応向上を図ることに注力しましたが、新たなメンバーやワーカーの積極的な募集活動を行なうことはできませんでした。
新年度は現在の利用者さまへの対応の充実はもちろんのこと、メンバーおよびワーカー募集のチラシを作製、配布するなど広報活動を充実して新たなワーク依頼へ対応できるようにし、我々の設立趣意書である「たすけあいの仕組みづくりを広げる」活動を進める方針です。

また、総会後に茶話会を行い出席者の懇親を深め、今後の活動を円滑に進めていくことを図りました。

2018.05.20第五回総会-mini2018.05.20第5回総会-2 -mini

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
皆様、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

おひさま は、本年も日常生活に必要な助けあいの家事介護サービスを提供してまいります。お気軽にご相談ください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

「ダブルケア カフェ in 相模原」12/3に開催しました

造語である「ダブルケア」をご存知でしょうか?

例えば「子育てと親の介護」というように同時期に両方をケアする状態のことを言います。「こういう大変な状態の方(ケア者)の息抜きの場を提供しよう。」という提案の形が「ダブルケア カフェ」です。

今回のカフェの開催は、私たちが所属する「相模原地域福祉ユニット=コミュニティオプティマム福祉マネジメント相模原」では第1回目。残念ながら外部からのご参加はありませんでしたが、集まった仲間達で過去の体験談をしていると、

「周りの方に老々介護が多く見受けられる」
「あの時、わたしもダブルケアでした」→ご主人の入院手術と子育て
「おばあちゃんがダブルケアでした」→おじいちゃん(夫)の入院と孫の世話
などの話が出て、「子育てと親の介護」という枠にとらわれず「様々な状況がある」ということがわかりました。

「ケア者当人が多忙なため大変な状況に気づかず、結果体調を崩した」などの話を聞き、とにかく「本人の息抜きが必要不可欠」ということがわかりました。
今後も本企画を継続して開催していくことに意義がある。と感じました。
[E.K記]
%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%82%a2cafe_20161203

 

12/3(日)「ダブルケア cafe」開催

「ダブルケア」とは、子育てと親の介護など、2つ以上のケアを同時に行うことを指してこう呼ばれています。横浜国立大学と神奈川W.Co連合会との共同調査の結果、このような「ダブルケア」の問題を抱えている方々が多くいらっしゃることがわかりました。この度、神奈川W.Co連合会では、共通の悩みを抱える方々と気軽に話ができる交流の場(お茶会)を県内各地域ごとに開催いたします。
相模原地区では、下記を予定しています。お気軽にご参加ください。
日時: 12月3日(土)、10:00~12:00、参加費: 200円
場所: ワーカーズコレクティブ わっか事務所(℡ 042-750-1416)
詳細は、下記パンフレットをご覧下さい。
問い合わせ先: ワーカーズコレクティブ おひさま(℡ 042-810-0332)

%e3%80%8c%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%82%a2cafe%e3%80%8d%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

第2回 傾聴研修会実施

 

7月21日(木)に「傾聴ボランティアの会相模原」の瀧川さんを講師に迎えて

「傾聴するということ Ⅱ」の研修を行いました。

今回は、事例研修と認知症の方に対する傾聴の基本について学習しました。

 

【感想】
・傾聴とは「利用者さんが主役、聞き手はしゃべりすぎない。」と聞いて、
私は利用者さまの興味がありそうなことを見つけるため、
しゃべりすぎて
いると反省しました。

・認知症の方の傾聴は「一般の方とは異なる留意点がある。」と知りました。
どんな利用者さまでも全面的に受け入れる姿勢で
接することが今後の課題で
あると感じました。

                           (TK

W.Co おひさま 第3回総会

1.総会

第3回おひさま総会_201605212016年5月21日に、「W.Co おひさま」の第3回総会を開催しました。
開催から少し経ってしまいましたが、以下にご報告いたします。
当日は来賓の方々をはじめ、メンバーも参加し、昨年度1年間の活動の振り返りと2016年度の活動方針並びに予算の審議を行い議案は承認されました。

2.認知症サポーター養成講座

総会後、「認知症サポーターキャラバンメイト」にお願いをして

「認知症サポーター養成講座」を開催しました。
認知症サポーター_20160521

認知症とはどういうことなのか?認知症の方との関わり合い方など、体験談なども交え教えて頂きました。

おひさまメンバーそれぞれが、認知症に対する理解を深め活動に活かしていければと考えています。
[草ケ谷記]

働きたい人、大募集

相模原市中央区および緑区を中心に活動している 福祉 W.Co おひさま、わっか、
むすびって による「働きたい人、大募集!」の合同説明会を開催いたします。
みなさまのご来場をお待ちしております。お気軽にお越しください。

パンフ-1パンフ-2

光が丘公民館HP

「子育て支援者」勉強会

10/30「子育て親育ち応援団With.cfc 中島隆子さん」 を講師に迎えて子育て支援者としての勉強会をしました。

日々たくさんの親子に接している中島さん。
そこから見えてくる若いママさん達の悩みや、こちら側の対応力、応用力などお話をして頂きました。

     講師                     講演会風景

おひさまメンバーの感想(抜粋)
*同じ母親目線で話がわかりやすく、参考になった。
*ママさんたちへのアドバイスにも配慮が必要。やはり傾聴することが大切。
家庭内の事情も理解して、ママさんたちに寄り添うことが必要。
*きめ細かく対応していることで、中島さんはお母さんたちの信頼を得ている。
知識 と 意識の大切さを感じた。
*「子育ては社会・地域で」みんなで見守ることが大切と思った。

・・・ その他たくさんの意見が出ました。

大変勉強になりました。子育て支援者として一歩進めたかな、と思います。(E.K.)

うれしいニュース!!

先般、さがみはら市民活動サポートセンター様を通じて、認定NPO法人イーパーツ様が主催する「第12回 かながわイーパーツリユースPC寄贈プログラム」に応募しましたところ、私たちの活動が認められリユースPC 1台の寄贈を受けることができました。 現在、寄贈いただいたパソコンで、家事介護・子育て支援の日々の活動計画表作成や月毎の実績管理に活用させていただいております。
これから、W.Co おひさま の事務処理にますます大活躍してくれるパソコンです。
会員一同、関係各位に感謝申し上げます。

図3

 

「一緒に働きませんか?」

メンバー募集記事を7月のタウンニュース(さがみはら中央区版7月16日号)に掲載いたしました。みなさん、ご覧いただけましたでしょうか?

タウンN_さが中央_150716号記事_

W.Co おひさまは設立3年目を迎え、主婦(主夫)経験者やリタイアされた方々がメンバーとして活動しています。
活動内容は、自分たちができることで、現在は「家事や介護、お散歩や将棋のお相手など」、「お子様の送迎」および「産後の家事」などのお手伝いをさせて頂いています。
メンバーは、利用される会員の方々に喜んで頂けることをやりがいに活動しています。

主旨に賛同し仲間になって、一緒に働いていただける方をお待ちしております。

また、困っていることや手助けが欲しい方などおられましたら、利用会員様として募集しておりますので是非気軽にお問い合わせ下さい。
お待ちしております。